スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

押し間違いやすいキーを無効化する方法
PCの操作中、誤って触れてしまってストレスが溜まるキーの代表格といえば、何と言っても[F1]キーだろう。[Esc]キーを押そうとしてWindowsのヘルプが立ち上がってしまい、作業が中断させられた──という経験は、多くの人にあるに違いない。Windowsヘルプに限らず、多くのソフトでは[F1]にヘルプが割り当てられていることが多く、この種のイライラは発生しやすいといえる。

特にノートPCの場合、キー同士のスキ間が少ないこともあって、こうした押し間違いはさらに発生しやすい状況にある。よく間違えるのはファイル名変更などで利用頻度の高い[F2]キー。[F1]キーの隣に位置するから押し間違いが発生しやすい。また、機種によっては[Esc]キーや[半角/全角]キーのそばに[F1]キーがレイアウトされている。これだけ利用頻度の高いキーに囲まれているのでは、間違って押してくださいと言わんばかりだ。マインスイーパもびっくりの“爆弾”である。

こんな時、キーそのものの機能を無効化するソフトを導入してやれば、押し間違ってもヘルプが起動することがなくなり、ストレスから解放されるはず。「F1ブレイカー」を使えば、[F1]キーそのものを無効にできるので、仮に間違ってキーを押したとしても、Windowsヘルプをはじめとするヘルプウィンドウが立ち上がることがなくなる。イライラ追放にはもってこいだ。

ちなみにこの「F1ブレイカー」、ソフトの名前とは裏腹に、[F1]キー以外のキーも無効化できる。例えば文字の上書き/挿入を切り替える[Insert]キーや、スクロールの有無を切り替える[ScrLk]キーなどは、[F1]キーと同様、多くのユーザーにとって利用機会がほとんどない上、間違って押すことで作業が中断されてストレスの原因になりやすい。これらのキーは、このソフトを用いて軒並み無効化しておくとよいだろう。


F1ブレイカー、ダウンロードはここから
| 14:19 | - | - |
| - | pookmark |

暗闇で光るパジャマ
バンダイは、部屋を暗くすると隠れていた絵柄が浮き出てくる不思議なパジャマ「光るパジャマ」シリーズ(全6柄、4サイズ)を10月上旬から発売する。

「光るパジャマ」シリーズは、子どもに人気の「獣拳戦隊ゲキレンジャー」「仮面ライダー電王」「ゲゲゲの鬼太郎」「大怪獣バトルULTRA MONSTERS」「古代王者恐竜キング」「Yes!プリキュア5」の全6キャラクターで商品化。

同商品は、リアルなプリントが迫力の“デジプリ”と“蓄光プリント”技術を併用。暗い場所に行くと、明るい場所にいた時とは違う絵柄がパジャマに浮き出てくるのが特徴で、子ども心をくすぐる遊び心満載のパジャマとなっている。

保護者が添い寝をしていても「暗い場所やおばけが苦手」という子どもは多いもの。同社では、大好きなキャラクターのパジャマを着て、ヒーロー・ヒロインと一緒にリラックスして入眠してもらいたいという思いを込めて、この商品を企画したという。

3〜8才の子どもをターゲットに、量販店などのナイティー売り場で販売する。

なお、「デジプリ」とは「デジタルプリント」の略称で、バンダイの登録商標。従来のプリント手法とは異なり、キャラクターなどの精細な絵柄をより忠実に細部まで表現できる機械プリントだ。 また、蓄光プリントは、太陽光や蛍光灯などの光を吸収し、一定時間発光するプリントのこと。

[小売価格]各3045円(税込)
[発売日]10月上旬


| 20:30 | - | - |
| - | pookmark |

マルウェア感染メール増加、手口も巧妙に
メッセージセキュリティ企業のMessageLabsは9月29日に発表した報告書で、マルウェアとフィッシングメールが増加し、手口も巧妙化していると伝えた。

同社の9月のまとめによると、添付やリンクの形でマルウェアを含んだ電子メールは48.8通に1通、フィッシング詐欺メールは87.2通に1通の割合となり、いずれも8月比で増加。攻撃ツールの普及と手口の巧妙化により、攻撃の量、深刻度とも大幅に増したとMessageLabsは伝えている。

電子メールに占めるスパムメールの割合は73.5%となり、前月に比べて0.5%減少した。日本はスパムの比率が最も低く、27.1%にとどまっている。

企業上層部を狙い撃ちにしたメール攻撃も拡大し、手口は一層巧妙化している。9月12日には、企業経営陣や上級管理職1100人以上に対して攻撃メールが送られたという。

この手口は人材紹介会社からのメールを装い、偽のMicrosoftのエラーメッセージを使って添付のRTFファイルを開くよう仕向ける。ファイルを開くとコンピュータが不正ファイルに感染し、重要な情報が攻撃者の手に渡ってしまうという。

マルウェア
クラックツールやコンピュータウイルス・ワーム、スパイウェアに(悪質な)アドウェア等々非常に広い範囲を含んでおり、「悪」を意味する接頭詞の“mal-”にソフトウェア全般を意味する“ware”を繋げた比較的新しい造語である。なお、一部では「モールウェア」という表現も在るようだが、誤用である。

スパイウェアとの混同がネット上にて散見されるが、マルウェアは製作者又は配布者による悪意の有無をもって定義づけられ、技術的視点よりの区分とは同一ではない。

不正ソフトウェアは、一般的なプログラムはじめ、スクリプト、JavaやActiveX等で作られたものまで不正なものを全て総称する。また、不正ソフトウェアの検出システム上、これらの不正ソフトウェアがシステムに与えた痕跡等や、不正な通信を行う場合に利用されるパケット等の、各種の因子等も含める場合もある。

(なお上記は、マルウェア・不正ソフトウェアの意味が区別されるわけではなく、言葉の由来として分けて記述している)

マルウェアはソフトウェアをインストールした(もしくは無意識にインストールさせられた)ユーザの意図とは異なる、プログラム作成者の利己的な意図で動作をするソフトウェアで、害をなすかなさないかとは直結しない。 また、犯罪行為に利用されるソフトウェアの意であるクライムウェア(Crimeware)と同義ではない。 さらに、不正ソフトウェアという表記は単なるバグを含む可能性があるのでマルウェアと同義ではない。


マルウェアの代表的な例としては、ソニーBMG製CD XCP問題がある。Sony Rootkitと呼称されるこのマルウェアは、それまで認知度が極めて低かったWindows OSのrootkit問題を、一般向けの話題として広めた転換点であった。


また、JWordが(正規ソフトともスパイウェアとも見る向きもあるが)以前は利用者が認識・認証しないのに勝手にインストールされる場合がある点はマルウェアであったといえる。

| 14:16 | - | - |
| - | pookmark |

児童グッズフェチ男逮捕
警視庁田無署は26日までに、東京都清瀬市の小学校からリコーダーなどを盗んだとして、窃盗容疑で無職・増田淳一容疑者(35)を逮捕した。男の自宅を捜査員が捜索したところ、リコーダーのほかにハーモニカやランドセルなど、200点を超える児童の持ち物が発見された。捜査員も絶句した“児童グッズフェチ”の素顔とは。

「こだわりの男」が逮捕された。調べによると、増田容疑者は今月14日、西東京市内で自転車に乗っていたところを田無署員に職務質問された。リュックの中に、リコーダーとハーモニカがあったため、同署員が入手先を追及すると、小学校に侵入し、盗んだことを認めたため逮捕された。

調べでは、4月18日午後5時ごろ、清瀬市内の小学校に侵入し、リコーダーやハーモニカなど3点を盗んだ疑い。

その後の家宅捜索で、容疑者の部屋の押し入れなどから鍵盤(けんばん)ハーモニカ114点、リコーダー100本、女児用の赤のランドセル41個、ハーモニカ18本など200点以上が発見された。

増田容疑者は「児童の持っている物に興味があった」などと供述をしているという。

増田容疑者は自転車に乗り、周辺の小学校を物色。課外授業などで生徒たちがいなくなったスキを見計らって、女子児童の持ち物を中心に盗んだと見られる。被害にあった小学校の校長によると、女子児童3人の物が無くなっており、男子児童は被害を受けていないという。学校では出入り口付近に4台の防犯カメラを設置しているが、不審者は確認されていなかった。

| 14:28 | - | - |
| - | pookmark |

RSSマーケティング10月4日に初心者無料セミナー開催
RSSマーケティング社は、ウェブマスター、ショップオーナーなどを対象に、RSSの導入と活用に関する初心者向けセミナーを30名限定で10月4日に開催する。

RSSマーケティングは、標準搭載された自社サイトからRSSで情報提供したい、SEOに活かしたいと考えている初心者向けに、RSSマーケティングが無料セミナー「RSS導入とSEO対策への活用法」を開催する。

多くのブラウザにRSSリーダーが標準搭載されたことによって、現在、自社サイトの更新情報の配信にとどまらない、RSSの活用法が注目されている。当日は、RSSの基本と仕組み、RSSの導入方法と成功事例、RSSを活用したSEO対策について紹介する。

「RSS導入とSEO対策への活用法」開催概要 日時:2007年10月4日(木) 受付15:50 会場:六本木ヒルズ49階 アカデミーヒルズ 料金:無料 定員:30名 申込:下記リンクの申込み用紙に必要事項を記入してFAXで申し込む。

| 14:22 | - | - |
| - | pookmark |

NOVAの元受講生、レッスン料返還提訴
英会話学校最大手「NOVA」(大阪市)の元受講生14人が26日、中途解約時に未受講のレッスン料返還を求めても「有効期限切れ」を理由に清算金が支払われなかったなどとして、総額約660万円の返還を求める訴訟を京都地裁に起こした。

元受講生の弁護団によると、NOVAへの集団提訴は初めてという。

訴状によると、元受講生4人はNOVAでレッスンを受けられる「ポイント」などを購入して受講。ポイントの有効期限が迫ると、「追加購入すれば未使用ポイントの期限が延長される」と説明され、新たにポイントを購入した。

しかし、その後中途解約を申し出ると、最初に購入したポイントは「有効期限切れ」とされ、返還されなかったと主張している。

NOVA
英語や中国語やフランス語などを学ばせ、その言語をすらすら話せるようにすることを目的とする。講師は全て「ネイティヴスピーカー」と呼ばれるその言語を母語とする話者である。

CMで知名度上昇
90年代初頭、農婆と称するほがらかなお婆さん(林キセ子)が、さまざまなシーンで、毎度場違いとも思えるフレーズ「No problem.I am NOVA」と言い放つCMと、「駅前留学」というキャッチコピーで一躍脚光を浴び、企業の知名度を上げたことで知られる。 また当時、外国人を講師に起用したり、最大3人(当時)までの少人数レッスン、前払いながら大量チケット購入による低料金も業界では珍しく、英会話業界の風雲児的存在となり業界TOPに躍り出た。

教室の多くが鉄道の駅前にあることから、「駅前留学」というキャッチコピーを用いている(ただし、一部の広告媒体では「まるで駅前留学」といったキャッチコピーを使い分けている場合もある)。その他にも、自宅でテレビ電話(ギンガネット端末)を使いながら勉強出来るシステム(「お茶の間留学」)や、子供用の勉強システム「NOVA KIDS」もある。また、関連企業のギンガネットが親会社のお茶の間留学のシステムを応用した、独自のテレビ電話システムを開発している。2006年からは海外でのスクール展開を開始。現在は台湾に1校ある。

法的トラブル

2005年9月
2005年9月26日、東京地裁(原敏雄裁判長)は、受講契約を中途解約した東京都の男性が未受講分の受講料約61万円の返還を求めた訴訟に対し、請求全額の支払いを命じる判決を言い渡している。2007年2月の毎日新聞報道によれば、その後も国民生活センターや各地の消費者センターにはNOVAに関する苦情が相次いだため、経済産業省は法令等の違反が判明すれば業務停止命令等の行政処分も辞さない構えで、東京都と経済産業省と合同で特定商取引法及び東京都の消費生活条例違反の疑いで一斉立入り検査に入っている[2] [3]。

上記訴訟のほか、東京地裁判決(2005年2月16日判タ1191-333判時1893-48)も、解約精算金として31万円余り及びその遅延損害金の支払いを命じ、当該判決は、控訴審の東京高裁判決(2005年7月20日判タ1199-281、及び上告審)の最判2007年4月3日でも共に維持されている。


2007年2月
特定商取引法違反の疑いで2月に経済産業省がNOVAに立ち入り検査をした直後、自民党の中山泰秀衆議院議員が甘利明経済産業大臣を訪ね、NOVA側の正当性を訴えていたことを甘利経済産業大臣が2007年6月22日の閣議後の記者会見で明らかにした。 甘利経済産業大臣は「(契約時に一括購入するポイントの量が多いほどレッスン単価が安くなる)NOVAのボリュームディスカウント制度の正当性について議論した。NOVAに対して何かしてほしいということではなく、訪問を受けて私から指示を出したことはない」と述べた。


2007年6月
2007年6月13日、経済産業省は特定商取引法に基づき、1年を超えるコース及び70時間を超えるコースの新規の長期契約について受付の停止を命じた。期間は6ヶ月。また、東京都も条例に基づいて改善勧告を行った。

これに関連して、NOVAの猿橋(さはし)望社長と自民党の中山泰秀衆議院議員(大阪4区)が関淳一・大阪市長を訪ね、解約時の精算方法の正当性を訴えていたことが判明。実質上の口利きではないかという声が上がっている。訪問は、大阪市消費者センターが市民とのトラブルをあっせんで解決するため、NOVAに対し、市条例にもとづく「出頭通知」を出した後だった。結局、センターはあっせんを打ち切ったが、関市長は中山議員の面会についてシラをきり通している。


2007年8月
NOVAは2007年8月3日までに、外国人講師を増員するとともに中途解約時の精算手続きで契約者に不利にならないようにするなどとした改善報告書を東京都に提出し、都はこれを受理した。都は改善策の実施状況を注視していく。都によると、NOVA側は英会話教室が増加した一方で生徒の受講予約が取りにくくなっていたとして、外国人講師を2007年7月時点の4415人から10月までに686人増やすとした。解約の際に返還金が少なく算定されていた問題に対しては、有効期限の切れたポイントも精算対象とし、契約時の単価を使うなどとの改善策を示した。


2007年9月
講師に対する給与の遅配が生じるなど、悪化した経営建て直しのため、最大で200箇所の教室の閉鎖が予定されていると報じられる。

また、上場先のジャスダック証券取引所が9月21日、適時開示が深夜に行われるなど改善されていないとして、内部管理体制と適時開示体制について改善報告書の提出を求めたと発表した。
| 14:12 | - | - |
| - | pookmark |

iPod touchが日本語版Windowsでトラブル大発生
9月22日土曜日あたりから出荷が予約順に順次開始され、日本国中の予約した人のもとへiPod touchが届き始めたわけですが、それと同時にものすごい高確率で不具合が発生したという報告が続発しています。アップルの公式Discussion Boardsでも同様の報告が山ほど書き込まれており、大騒ぎに。

現象としては、日本語版Windows上で動く日本語版iTunesと同期を行うと、iPod touchが操作不能になるというとんでもないもの。操作できないとiPod touchはただの黒いハコになるので、これはかなり致命的な不具合ではないかと。

中でも解決法の一つである「MacのiTunesと同期すれば治る」と書いたCNETはアップルからの要請によりその記述を削除するという事態に。おそらくは先のアップルの公式Discussion Boardsにも書かれてリンクされていたためではないかと思われます。つまり、そういう方法ではなくて正式発表を待て、と。

| 10:37 | - | - |
| - | pookmark |

PC復旧サービスの値段は?
様々なケースがあるので一概には言えませんが、基本的に可能です。ハードディスク内のプラッタという、記憶をつかさどる円盤が傷ついていなければ、PCが立ち上がらなくなってもなんとかなります

『ゴミ箱の中身を誤って消去した』なんていう軽度な場合は、市販されている復旧ソフトで救出できる可能性が高い。しかし、一度消えたデータは、電源を落とすと完全に消えてしまったりとデリケートなので、そのような状態になったら、下手に触らずにPCのメーカーに電話してください。また、それ以上のケース、コーヒーをこぼしたり、物理的にPCを落として動かなくなった、なんていう場合もメーカー、または、復旧してくれる業者に連絡すべきです

データ復旧って、どのくらい値段がかかるものなの? 

障害の状態や復旧する容量にもよりますが、前出のゴミ箱からの消去、誤ってフォーマットしてしまった場合などを“論理障害”と言い、軽度で3万円程度、重度なら15〜30万円くらいかかります。対して、PCを落として動かなくなったなどの“物理障害”は、20万〜50万円といったところでしょうか。最近は、『初期調査費用は無料の成功報酬』という業者も増えていますので、まずは相談してみては?

ちょっと高い気もするけど、失われたデータは金には変えられません。もしものときには業者へ。でも、こまめにバックアップが一番。
| 10:31 | - | - |
| - | pookmark |

2007年9月19日から厳罰化された、酒気帯び運転の罰則
酒酔い運転の罰則が「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、酒気帯び運転の罰則が、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」へと厳罰化された。また、飲酒検知を拒否した場合も「3月以下の懲役又は50万円以下の罰金」となった。

自動車の運転に関し、運転者に飲酒運転を下命しまたは容認した、自動車の使用者(安全運転管理者等も含む)も処罰される。

運転者以外の者の責任
飲酒運転は運転者(飲酒運転を下命または容認した運転者の使用者を含む)が道路交通法違反で罰せられるが、飲酒運転を幇助することも罪に問われる。相次ぐ飲酒運転の死亡事件のため、世論やマスメディアの動向に併せて、警察も幇助犯の厳格な取り締まりに乗り出している。

条文
道路交通法第65条  
何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。
2  何人も、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。
刑法第60条(共同正犯) 二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。
同・第61条(教唆) 人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科する。
同・第62条(幇助) 正犯を幇助した者は、従犯とする。
幇助犯には、飲酒者を励まし飲酒または飲酒運転の意思を強化するなど心理的に飲酒行為または飲酒運転行為を促進した全ての行為が該当する。推奨、容認など手段、方法は問わない。具体的には、

運転者と知りながら酒を酌み交わす事。運転するべき者のコップに酒を注いだだけで足りる。
運転者と知りながら飲食店等でその客に酒を出すこと。その客が車両等に乗ってきている事を知っている(はずだと判断される)だけで足りる。
消極的にでも、飲酒運転と知りながらその車両等に同乗すること。
これらの行為を許可、容認、放置などして、その事に責任を問える場合。
以上に挙げた作為または不作為も幇助となりうる。

つまり、飲酒運転者の飲酒または飲酒運転に消極的にでも関わった場合、飲酒運転(事故)の幇助犯として処罰される。

なお、積極的に関わった場合、例えば飲酒運転となる行為を要請・請願・指示したり(教唆犯)、Aが自ら所有・使用する車を飲酒者Bに運転させたり(共同正犯)した場合には、飲酒運転(事故)の主犯と同程度に処罰される。飲酒運転(事故)は重大な犯罪であり、その重大な犯罪に少しでも積極的にでも消極的にでも関わった人間は共犯であり、等しく処罰されると言う、善良な一般的常識の観点に立ち返る必要がある。

刑事事件として共犯も処罰の対象となりうるに止まらず、飲酒運転事故の民事責任も、同様に共同不法行為として連帯責任として賠償責任を負う事となる(民法719条)。

また、共犯者が運転免許を受けていた場合にも、実行者の飲酒運転行為・飲酒運転交通事故により、共犯者の運転免許に対しても違反行為の行政処分として免許停止・免許取消等の不利益処分がなされる。(道路交通法上、違反行為の共犯を運転免許の行政処分の対象から除外する事は法律で予定されていない。)

実例として、2001年(平成13年)末、ある男性が、同僚と酒を7時間も飲んでいながら運転を行ない、当時19歳だった女子大生を轢死させた事件があり、運転者は危険運転致死罪に問われ懲役7年の判決が言い渡された。ところがその同僚も「運転者と知りながら酒を飲ませた」と賠償責任を問われ、東京地裁が2006年(平成18年)7月28日、その同僚に「注意義務を怠った」と5,800万円の賠償命令を下した判例がある。

| 14:45 | - | - |
| - | pookmark |

Amebaモバイル(アメモバ)が初めてドコモの公式サイトになる
「Amebaモバイル(アメモバ)」がブログサービスとして初めてドコモの公式サイトとなった。携帯ブログ人気を背景に、サイバーエージェントは人気ブロガーの記事の一部を課金コンテンツとすることも発表した。

サイバーエージェントが運営するブログサービス「Ameba(アメーバブログ)」のモバイルサービス「Amebaモバイル」が、9月18日にブログサービスとしてはじめてNTTドコモのi-mode公式サイトとなった。サイバーエージェントは同時に、「Ameba」で人気を集めている著名人によるブログ記事の一部に対して課金を行う。

今回、コンテンツの一部が課金対象となるブロガーは、著名人ブロガーの中でも特に人気の高い、押切もえや竹原慎二、サエコなど7名。ブログ記事の中に、有料会員のみが閲覧できる特別な記事や画像がアップされ、月額315円で閲覧可能となる。  現在、「Amebaモバイル」の会員登録は毎月約5万人に上り、アクセス数は月間約115%増加、「Ameba」全体のアクセス数の約3分の1を占めるまでに急成長している。今回のi-mode公式サイト化を機に、サイバーエージェントでは「Amebaモバイル」の月間アクセス数50%増を見込んでいる。

| 14:32 | - | - |
| - | pookmark |




qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Archives
Category
Link