スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

菊ごぼう
主に岐阜県東濃地方で栽培されている山菜の一種。他の地域では「山ゴボウ」「アザミゴボウ」ともいう。飛騨・美濃伝統野菜である。

ゴボウという名がつけられているが、正確にはキク科アザミ属モリアザミの根である。ヤマゴボウ科とは異なる。

主な産地は、岐阜県恵那市、中津川市である。この地域で栽培されている菊ごぼうは、1862年(文久2年)、美濃国恵那郡本郷村(旧岩村町。現恵那市)の三ッ森山で見つかった、根の太いモリアザミが原種となっている。本格的な栽培は明治以降である。

特徴
切り口の模様が菊の花に似ていることから菊ごぼうと呼ばれてる。
6月下旬〜7月上旬に播種。10月下旬〜11月下旬、霜にあたり葉が枯れ上がったところで収穫する。
茎は小指〜薬指程度の太さで、長さ30〜40cm。白味を帯びている。
赤土土壌で栽培されている。
独特の風味と香りがあり、柔らかく歯ごたえが良いのが特徴。
食べ方としては、漬物(味噌漬け、醤油漬け等)がある。地元では、すき焼き、鍋物等の具として使用する
| 14:29 | - | - |
| - | pookmark |

携帯保存食ペミカン
ぺミカンは、溶かした動物性脂肪に粉砕した干し肉とドライフルーツなどを混ぜ、密封して固めて保存性を高めた食品である。毛皮交易の際に携帯保存食として広く利用され、後にロバート・スコットやロアール・アムンセンのような極地探検家の間で高カロリー食品として利用された。適切に包装されたペミカンは、長期間保存することができた。

ペミカンの材料は、使用可能なものなら何でも使われた。例えば、ペミカン用の肉としてしばしばバッファロー、ヘラジカ、シカの肉が使われた。果物はクランベリー、サスカトゥーンベリー (saskatoon berries) がよく使われた。チェリー、山ブドウ (currants) 、セイヨウカマツカの実 (chokeberries) 、ブルーベリーも使われたが、もっぱら冠婚葬祭などの特別な場合に使われた。

脂肪分の少ない肉と骨髄の脂肪で作られたペミカンが最上級とされるなど、毛皮交易時代のペミカン購入者の間では厳格な仕様が存在していた。

犬用のペミカン
イギリスの北極探検隊は、犬ぞりを引く犬に牛肉で作られたペミカンを与えた。このペミカンは「ボブリル・ペミカン (Bovril pemmican)」、または単純に「犬用のペミカン」と呼ばれた。成分は2/3が蛋白質、1/3が脂肪であり、炭水化物は含まなかった。このペミカンによって犬は生きることができたが、蛋白質の割合が高すぎて犬の健康に良くないことが後に確かめられた。
| 15:20 | - | - |
| - | pookmark |

博多天神ラーメン
メニュー
ラーメン 500円
替玉   100円
この店では「ラーメン」=「豚骨ラーメン」である。一部店舗では味噌ラーメンも売られている。
600円〜750円の価格帯でキクラゲや叉焼などのトッピングが増量されたラーメンも売られている。

特徴
乳白色の豚骨白湯スープとストレートの細麺という典型的な博多ラーメン。
具は葱とキクラゲ、海苔、叉焼。一部店舗では鶏卵や鶉卵も味付されたゆで卵の形で載せられる。
カウンター上には無料のトッピングとして白胡椒、白胡麻、紅生姜、高菜、大蒜、スープの素が置かれている。
注文して出てくるラーメンは比較的マイルドな味付けとなっているため、出てきたラーメンが完成である(調味料を加えることは邪道)であると考える人の中には、この店のラーメンを「味がしない」「牛乳のようだ」と発言するものが居る。しかし、店側としては上記トッピングを各自の好みで添加することを想定しているがゆえのラーメンの味であり、これらの発言は間違ったものである。

2007年現在、新宿に5店舗、渋谷に3店舗、新橋とお茶の水に2店舗ずつ、銀座に1店舗が存在する。
いずれも駅前地域に存在している。
| 16:43 | - | - |
| - | pookmark |

ワインガム
硬く噛みごたえがあるグミのような菓子。「ガムドロップ」という菓子に似ているが、ワインガムは表面を砂糖でコーティングされていないのが特徴である。動物性ゼラチンから製造され、甘味料・香味料・着色料と混ぜ合わされる。ワインガムはアイルランドやイギリスのほか、ニュージーランド、南アフリカ共和国、カナダ、そして他のヨーロッパ中部の国々で一般的な菓子製品である。人気の高いブランドにはバセッツ (Bassett's) があり、イギリスやアイルランドではメイナーズ (Maynards) が挙げられる。名称はワインガムであるが、実際にワインは含まれていない。この名称は、「上質のワインを味わうのと同様」で、すぐ消えることが無い果物のほのかな風味から付けられたものである。このため、それぞれにポートワインやジン、ラム酒や白ワインといった、アルコール飲料の呼称が付けられている。製造元のキャドバリー・シュウェップス社によれば、赤と黒が最も人気のある色だという。

ワインガムは小さな菓子屋を営んでいたチャールズ・リリー・メイナードを父に持つ、チャールズ・ゴードン・メイナードにより、1909年にリビアで考案された。厳格なメソジスト教徒で絶対禁酒主義者であった父親のチャールズ・リリー・メイナードは、息子のゴードンが「ワインガム」を考案したと聞き、もう少しで彼をクビにするところだった。しかしチャールズ・ゴードンは、父にワインガムのレシピには実際のワインが入っていないことを知らせたのである。

1990年、メイナーズ社はイギリスの菓子メーカーでキャドバリー・シュウェップス社の子会社である、トレバー・バセット社に買収された。2002年に、メイナーズのワインガムは売上が4千万ポンドに達している。

ワインガムは「チャーリーとチョコレート工場」の作者、ロアルド・ダールお気に入りの菓子である。彼はベッドの横にワインガムを瓶に詰めて置いていたため、毎晩就寝する前に味わっていたという。

| 14:25 | - | - |
| - | pookmark |

生姜焼きの作り方
日本特有の料理であるが、いわゆる日本料理として認識される事は少ない。ネギやアサツキを加えて焼いたものは若草焼き、ニンニクや唐辛子を加えて焼いたものは南蛮焼きなどと呼ばれる事もある。

ショウガの香りが肉の臭みや油臭さを軽減し、またその辛さが食欲を呼ぶため、夏バテなどの時に豚肉によるビタミンB群の補給をするのに適した料理といえる。短時間で簡単に作れるため、家庭でもよく作られる。

作り方
5mm程度の厚さに切った肉を、醤油・日本酒・ショウガ汁を合わせたつけタレに数分程度つけた後に、フライパンで焼く。肉汁が出始める頃に裏返し、砂糖をふりかけて焼き上げる。

付け合わせには、ピーマンやモヤシ、タマネギなどを軽く炒めたものなどが用いられる。

つけタレには、みりんや蜂蜜で甘みをつける事があるほか、リンゴなどの果物をすりおろしたものを加えるというレシピも見られる。特に生パイナップルやパパイヤの汁を加えると、これらに含まれるブロメライン・パパインなどの酵素の作用により、肉質が柔らかくなり、食べやすくなる。

砂糖をつけタレに最初から入れておくと、フライパンで焼く時に焦げやすいので、肉をある程度焼いてから加えた方がきれいに仕上がる。


| 14:28 | - | - |
| - | pookmark |

ニホングリ
年間平均気温10〜14℃、最低気温氷点下20℃をくだらない地方であれば、どこでも栽培が可能で、国内においてはほぼ全都道府県でみられ、生産量は、茨城、熊本、愛媛、岐阜、埼玉の順に多い。雌雄異花で、いずれも5月から6月に開花する。一般に雌花は3個の子房を含み、受精した子房のみが肥大して果実となり、不受精のものはしいなとなる。9月から10月頃に実が成熟すると自然に「いが」が裂開して中から堅い果実が1〜3個ずつ現れる。

胴枯病に耐性があるため、北アメリカでは胴枯病に弱いアメリカグリ(C. dentata)と本種を交配して耐病性の雑種を得ることが行われている。

日本にあるニホングリの品種だけでも約200種類以上あるといわれている。ニホングリのうち、各栽培品種の原種で山野に自生するものは、シバグリ(柴栗)またはヤマグリ(山栗)と呼ばれる。他の品種はシバグリが改良されたもので、シバグリに比べて実が大粒である。また、シバグリも栽培される。

栽培品種は早生栗、中生栗、晩生栗の三種に大別される。

早生栗: 森早生、丹沢、出雲、大峰、国見
中生栗: 筑波、銀寄、利平栗
晩生栗: 石鎚、岸根
青森県の三内丸山遺跡から出土した栗から、縄文時代にはすでに本種が栽培されていたことがわかっている。


| 15:24 | - | - |
| - | pookmark |

ラビゴットソース
酢、食用油、野菜のみじん切りをベースとしたソースの一種。一般的に冷製が多いものの、温製もある。材料、レシピがサラダドレッシングのそれに近く、そのためソース単独の食感もドレッシングをかけたサラダに近いものとなっている。

タマネギやセロリ、ピクルスといった、様々な野菜、香味野菜、漬物をみじん切りにし、ワインビネガーやオリーブ油などの調味料と混ぜ合わせ、主に魚料理にかけて仕上げる(青魚系料理に添えることが多い)。

調味対象の食材、調理法、嗜好に応じてアレンジする野菜や酢のバリエーションは幅広く、特に酢に関しては、フランス料理にはワインビネガーを、イタリア料理にはバルサミコ酢を、また日本料理にはポン酢を用いることにより、その適用範囲の拡大をはかることができる

| 19:28 | - | - |
| - | pookmark |

フランスの伝統的な洋菓子、クイニーアマン
作り手によって個体差はあるものの、一般的に外側は固めの食感で香ばしく、内側は甘味だけでなく塩気も感じられるものが多い。

日本では、洋菓子店の他にパン屋でもしばしば菓子パンの一種として売られている。

強力粉と薄力粉を混ぜたものにドライイースト、砂糖(グラニュー糖)、塩、卵、牛乳、バター(無塩もしくは有塩のもの)を加えて生地を作り、冷蔵庫でしばらく寝かせる。薄く延ばした生地を折り込んでは冷蔵庫で休ませる工程を繰り返したのち、砂糖(グラニュー糖)とバターを敷いたアルミホイルなどの小さな型で発酵させ、オーブンで焼成する。

| 10:53 | - | - |
| - | pookmark |

八戸らーめん
南部地鶏と白銀産の煮干でだしを取った特製の醤油味のスープで、名川産の長ネギ・田子産のニンニクなどと言った地元の食材を使い、麺は手もみの縮れ麺が特徴。

トッピングは、葱・チャーシュー・メンマ(シナチク)と、意外とシンプルとなっている。

八戸市内の主要ラーメン店にて食べることが出来る(東京都では、港区の「六本木 串とろ」でも八戸らーめんを取り扱っている)。また、自宅でも楽しめるよう、土産用のものも販売されている。


冷やし八戸中華
八戸らーめんの販売開始5周年を記念して誕生した夏向けの新製品で、たれに青森県産りんご酢を使い、具材をチャーシュー・卵・トマト・キュウリ・もやしが基本で、麺にレタスとワカメを盛りつける。たれは、かけてもよし・つけてもよしと、自由自在である。

八戸らーめんを取り扱っている一部の店にて食べることが出来る。また、自宅でも楽しめるよう、土産用のものも販売されている。

| 14:34 | - | - |
| - | pookmark |

韓国のソーセージ、スンデ
豚の膓に八重なりのモヤシ、もち米、豚の血、豚肉などを入れた後、蒸すもの。切って塩に取っておやつで食べる。沸かすとか炒めて食べたりする。平安道の「アバイスンデ」、黄海道の開城スンデ、忠清道の併川スンデなどが有名。

スンデの皮は豚の膓だけではない。咸鏡道では凍太(氷らせたスケトウダラ)を皮で使って、江原道ではイカを皮で使う


| 14:14 | - | - |
| - | pookmark |




qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Archives
Category
Link